スポンサーリンク
ハッシュレート・Afterburner マイニング・ビットコイン

RX5700のマイニング・RadeonSoftware設定 ・ハッシュレート

ハッシュレート・Afterburner
スポンサーリンク
へたれ
へたれ

中古グラボ買っちゃった~

ラビ
ラビ

RX5700か、いい買い物をしたな

RX5700という選択肢

中古のRX5700を買ってみた・・・が

筆者は趣味としてマイニングを始めたがついに0.5GHを達成した。電源は既に12Aほどで、賃貸契約が30Aのことを考えると既に限界。

まぁ、この時点である程度満足はしていたのだが、グラボが何故かRTX3090・3080・3070・3060・GTX1660s・・・と全く被らず、「俺ってグラボコレクターじゃん」という謎の状態に陥っていた。

そんな中でAMD系はRX5700XTのみ所有という状況であったため「AMD系グラボも一通り揃えたいなぁ」などという謎の思考状態に陥った。

そんな中、たまたま中古でRX5700を見かけたので、試しに購入してみたのだ。

AsRock アスロック AMD Radeon RX5700 CLD 8GO GDDR6 8GB とかいうヤツ。

ポイント込で80000円くらいだった。まぁまぁじゃね?

RX5700の取り付け

早速取り付けていく。が古い規格のマザボに刺したらなぜかWINDOWSが起動しなかった。なので筆者の第2リグであるRX5700XTとRTX3080が刺さっているマザボに挿してみた。

RX5700の前面
RX5700の背面
既存の800W電源にはRX5700XTとRTX3080がつながっている。
電源的にあまり余裕はないので、手持ちの650W電源を並列させてみた。
まずは連動コネクタを接続だ。
そして電源連動コネクターに650W電源のコネクタを差し込み。
このようにして二台の電源を連動させたゾッ。
買っておいてよかった電源連動コネクター。
近々引っ越しするから、とりあえずは仮設状態で動かすゾッ

RX5700のWindowsでの認識

ライザーカードを使用したが、正常に認識された。
簡単なものだな(所要時間2時間・・・色々キツかったw)

RX5700のRadeon Software設定

Radeon Softwareの設定はこんな感じ。かなり適当に煮詰めたがこれで49MHくらいだ。

RX5700のNicehashMinerでの動き

早速マイニングだ。Nicehashを起動して動作状況を見る。

RX5700とRX5700XTとを一緒に取り付けてみたぞ。
こうやって並んでるとなんかいいよね。
適当設定で49MHくらいか。同じく適当設定の5700XTは50MH。
熱を気にしなければ50MH設定もできた・・・が。 まぁこんなもんでしょ。

結構熱がヤバい

RX5700 49MH設定での温度。63度もあってキツイなぁ・・どうしようこれ。

意外だったんですが、私の購入したAsrock AMD Radeon RX5700の発熱が結構ヤバ目です。いろいろ調べてみるとこのグラボは排熱が足りてないようで、結構低評価なグラボのようでしたorz

RX5700XTでの温度。明らかにこっちの方が温度が低いですよね。
心もとねぇ~

うーん、どうすっかなぁこれ。

RX5700サーマルパッド交換

ということでやっていきますサーマルパッド交換
とりあえずファン分解
精密ドライバーでネジをポロポロ外します
分解するとGPUが見えました。
あれ、メモリーのヒートシンクは個別みたいですね
嫌な予感・・・
メモリのヒートシンクも外しました。
あぁ~これは多分サマパ交換してもメモリーは冷えないw
こんな感じで・・・サマパを交換しました。
サーマルパッド交換前
サーマルパッド交換後

結果、同条件でGPU Temperatureは63度から55度と8度近くも下がりました!
・・・が肝心のGPU Memory Junction Temperatureはほぼ変わらず。

そりゃそうですよね、構造的にメモリーのヒートシンクがショボすぎます(´・ω・`)
サーマルパッド交換で対応とかそういうの無理な構造でした。設計上の不具合ですねこれは。

Asrock製のRX5700は避けたほうが良いということっす。

VBIOSの更新も・・・ありだが

噂によるとRX5700はVBIOSを更新すると5700XT並のスペックとなるらしい。

5700XTも突き詰めれば55MHくらい出る最強のマイニンググラボである。これに迫れるというのは、すごいことですね。

ただしVBIOSは更新に失敗するとグラボが全く動かなくなる、いわゆる「レンガ」という状態になるので注意が必要だ。

某所での書き込み。どういう意味かもわかんねーが・・・今度試してみるか

メリット:NicehashOSでの運用ができる

筆者は現在、Core2Duoという13年前の規格の古いパソコン+RX5700という構成でマイニングリグを組んでいる。

RX5700はNicehashOSに対応している。HiveOSに比べると使い勝手が悪いOSだが、簡単に扱える上、古いPCでも運用ができるというメリットがある。

極力リグにかかる費用を抑え、RX5700を中古で安価に手に入れて・・・というのが現在の筆者の方針だ。中古は故障のリスクがあるが、機材代が抑えられれば壊れても諦めはつく。

まとめ:値段がやすければアリ

とはいえ、中古で80000円ほどのグラボでハッシュレート50MH近く出るというのは、流石にマイニング向けと言われるグラボですねぇ。消費電力も120w程度(壁読みだともっと行くと思われるが)と低くワッパがよい印象。

マイナちゃん
マイナちゃん

既に中古でしか手に入らないグラボではありますが、入手機会があれば購入してみるのも良いと思いますよ。

マイニング定番パーツ類紹介

スポンサーリンク
クソ雑魚へたれちゃんのFPS上達法・配信・マイニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました