スポンサーリンク
マイニング・ビットコイン

【2022年令和最新】マイニング収入の生々しいお話

マイニング・ビットコイン
スポンサーリンク
へたれ
へたれ

マイニングって儲かるの?

ラビ
ラビ

儲かった、というのが正しいかもしれないよ

筆者のマイニングの軌跡を書いていくぞっ

ここでは筆者が2021年3月にマイニングを始め、すこしずつグラボを足していって今に至った経緯を書いていきます。

まぁ仮想通貨の相場云々はあるにせよ、結論を言えば「やっててよかった」ということになります。

マイニングを半年間続けたが

2021年3月開始組

3月末から始めたRX5700XTでのマイニング。
表には加算されていないが3月初めころからバイナンスマイニングでの収益もあるため、事実上回収は完了。

筆者は2021年3月にRX5700XTを使用してマイニングを始めた。RX5700XTは最もマイニングに適したグラボの一つで、3月にマイニングを開始してあと1ヶ月程で原資を回収できる段階まで来た。

今年3月以前に値上がりする前のグラボを多数購入していた人は、2021年9月19日時点で既に原資の回収が終わり、電気代だけでお金が生まれ続けるいわゆる「サクセスタイム」へと突入したことになる。羨ましい限りだ。

2021年4月開始組

4月時点で既にグラボの価格が高騰。
しかし地元にはRTX3080が15万で残っていた!

4月開始時点ではすでにグラボの価格が高騰をはじめ、安価に入手することは不可能になっていた。パソコンショップには開店時点で行列ができ、目をギラギラさせた人がグラボの前でウロウロしているのを見かけた(筆者もその一人)

その頃にタイミングよく入手できたRTX3080(15万円)だが、半年が経過した時点でおよそ80000円程原資を回収できたことになる。残価は7万円だが、毎日500円程稼げるとしてあと4ヶ月ほどだろうか。

最強のBTOパソコンを購入

4月時点でマイニングの収益のヤバさに気づき、即40マンを投入して最強性能のBTOパソコンを購入。当然のことながら高額のため、残日数が1年半程。これは回収は無理だろう。が、既に10万円掘っているので、現時点で30万円で最強PCを入手した計算にはなる。

今後のマイニングに期待だな。

へたれ
へたれ

2022年1月時点でマイニングを開始して9ヶ月。結果的に見れば40万の最強PCを購入したのは大正解だったわ。何事も決断力ね。

2021年5月開始組

BTC価格が最高値をつける。
ハッシュレートに対しての収入が異常なまでに高まっているのが分かるだろう。
5月時点でビットコイン価格が700万へ。
RTX3080一本で一日4000円稼げるという異常な状態になる日が発生していた。
店舗のグラボは完全に枯渇しほぼ入手不可能に。

5月の連休中、筆者は西日本(九州~大阪~名古屋)のパソコンショップを20店舗ほどまわった。入手できたのはRTX3060(前バージョン)・RTX3070・1660sの3本だけだった。

この時点でも安価に入手できた3060・1660sは残日数が120・148日と、回収の目処が立っているが、ビットコインの価格が700マンを付けたと同時にグラボの価格も非常に高騰し、RTX3070玉アリを15万でつかんだのは痛かった。

・・・かに思えたのだが、2021年9月時点で中古が14万で取引されている事を考えると、あんがい悪い選択ではなかったのかもしれない。

マダム金富
マダム金富

この時点でRTX3070を15万で購入したのは悪手だと筆者は感じているようだけど、2022年1月の時点で8万円ほど採掘していることを考えると結果オーライだったようね。

2021年6月開始組

5月末あたりからBTC価格が暴落。
ビットコインバブルが崩壊。一挙に320万まで価格が下落していく。
相場が総悲観になる中、筆者は安価になったグラボを淡々と追加していく。

5末に暴落を初めたビットコインだったが6月頃には400万台をウロウロ。この時点でマイニング収益が急減し、「マイニングはもうだめだな」という総悲観が相場を支配し始める。

それに伴いグラボを手放す人たちが増えたのか、それまでは入手が困難だったグラボが市場へと放出され始めた。

筆者はこの頃に、安価に放出され始めたRX6800・RX5700などの高効率なグラボを買いまししまくった。RTX3070も欲しかったのだが、5月末よりいわゆる「LHR(マイニング制限版・いわゆる玉無し)」が市場へと投入され、下手に購入するとLHR版をつかまされるかも知れないという状態になったので、AMD系のグラボをメインにすることを決めたのだ。

マイナちゃん
マイナちゃん

2022年1月時点で見るとこの時点でのRX5700とRX6800の安さは凄まじいわね。投資は誰もが目をそむけているような状態に動くのが定石ってわかるわ。

2021年7月開始組

ビットコインの価格が急落していく。
中国のマイニングファーム禁止など悪い情報が出始め、グラボの価格が低下していく。

7月頃になるとビットコインの価格が320万まで急減し、「マイニングは終わった」という感じになった。中国ではマイニング禁止令が発令され、ロードローラーによりマイニングパソコンが破壊されるような画像が出回った事から、「中国から中古のグラボが大量に市場へと放出される」という情報が出回る。

実際、この頃にグラボの価格は最低の値を付け、RX6800が9万、RX5700が6万で入手できる状態になった。

2021年8月開始組

8月頃より再びBTC価格が上昇を始めた。
8月始めにはグラボの価格が最低になった。
この時点で事実上の買い増しが終了。筆者のファームが1GH/sを達成。

2021年8月始め頃よりBTC価格が上昇を始めた。amazon・ツイッターのBTC採用といった話が市場に出始めたことが原因だが、S&P500などの株関連も急上昇している時期なので、株価と連動している状態にも見える。

グラボが安価に買えたのは事実上8月上旬までで、その後は急激にグラボの価格が上昇していく。

ラビ
ラビ

今見るとRX5700がありえないほどの安さだな
マスターは「金が転がっている」と思いながらグラボを探しまくっていたようだぞw

2021年9月開始組

9月はBTC価格が500万を超え、再びマイニングに注目が集まる。
GTX1660sの改造の話が出回リ始めた。
この頃に購入したのは中古の1660sのみ。

9月時点でBTCが570万を超え、「やっぱりビットコインだよね」という雰囲気が市場に漂い始めた。7月のマイニングバブルを経験している人たちが再びグラボを買い増しし初め、市場から玉有りグラボが完全に消えた。

それに伴い、マイニングに適しているグラボは完全に枯渇。安価に入手がほぼ不可能になってしまう。ただそんな中でGTX1660sの改造により高ハッシュレート化ができるという情報を筆者は掴んだため、GTX1660sを安価に中古で入手し買い増しした。

2021年10月

BTOが再び600万円代を突入。この調子で行くと最高値の700マンを超える!

筆者の50A 3LDKマンションでの限界値までグラボを足したため、グラボ追加は先月でとりあえず終了。

収益ー経費がほぼトントンでこれ以上足すと-経費でマイナスが大きくなってしまうのもある。追加は来年以降予定(実家にリグを置く予定だ)

昨今のマイニング状況はBTCが650万円ほどの値を付け、それに伴いマイニングの全世界的なハッシュが急上昇。同業者が激増することにより相対的にマイニング収益があまり上がらないという減少が起きている。筆者としてもBTO・イーサリアムの上昇の割には収益が伸びないので悶々としている。

マイニングファーム管理票
最初期にマイニングを始めたRX5700XTがついに原資を回収した!!!!!
いよいよ「グラボを回すだけでお金が儲かる」サクセスタイム突入である
ファーム全体でいえばRTX3090 BTO(40万)・RTX3080ノート(25万*2台)といったかなり回収までに時間がかかるものがあるにも関わらず、回収までに229日となっている。
ぽつり、ぽつりと原資を回収し始めるグラボが増えてきて、筆者的にすでに「勝ち」を確信。

2021年11月

BTCは過去最高値を更新し700万前後を推移。
年末1000万というジョークも現実味を帯びてきてしまった。

先月に続きグラボの追加は無し。今年中はこのままの状態で行きます。

筆者はもう先月で今までのマイニング収入+グラボ売却益でファームにかかった費用は回収できると見込んだため、即円転法を改め、BTCで淡々と貯めていく手法に切り替えた。
要するに今後のBTC価格上昇に賭けるわけだ。

電気代が月70000円ほどかかるがこれもBTCに変えていく形で、今後のBTC価格上昇にかけます。BTC積立投資というわけですね。

最初期組の5700XTは償却が終わり7000円稼いでくれた。
5月頃に購入した1660/3080/3060はあと1,2ヶ月で償却が終わって稼ぎ側に移行する。
グラボのリセールを考えれば、もう勝ったも同然だ。

2021年12月

750万ほどの価格を付けたBTCが650万ほどまでに下落。
採掘料金もそれに応じて低下していくが・・・まぁもう割とどうでもいいw

グラボ追加をやめて2ヶ月。もう今はタダの傍観モードです。
毎月16万円ほどが勝手に入ってくるのを淡々と見ているだけの状態。たまにリグが落ちていたりするので毎日1回ほどはリグの状態チェックするかな?という感じでもう完全に不労所得。

投資金額回収まであと半年くらい?
でもまぁ100万円分BTC売却で儲かったから、実質もう逃げ切りました(´・ω・`)
あとは淡々と掘るのを見てるだけ。勝ったな!

2022年1月

さて新年あけました。昨年の3月頃からボチボチとマイニングを始めた筆者ですが、昨年の採掘実績を公開しましょう。

昨年のマイニング収益。11・12月分の電気代分がマイナスされていないので、ー10万ほどで110万くらい?
まぁ実際はビットコインレート変動があるため、そう単純な話ではないですが。
筆者のマイニングファームは1GHほどで220万ほど投資したものです。
昨年9ヶ月で110万ほど回収できたわけですので、9ヶ月で投資額の半分を回収しました。
不動産投資が数十年で元が取れれば御の字、株式の利回りが3%と考えると、凄まじい回収額でした。

マイニングが2022年でどれだけ続くかは定かではないのですが、筆者的にはもうこの時点で
・RTX3090搭載最強PCが43万→残価22万
・RTX3080搭載 最強ゲーミングノートPC 2台 25万→残価13万程度
と、欲しかったPCが激安で購入できたことになり、大満足の結果でした。

今後マイニングバブルが弾けたとしてもこれらの機材は残るわけで、筆者的にはもう勝利したも同然の状態です。2022年1月以降もマイニングが続いていけば6月頃にはファーム全体を通して回収が完了します。それ以降は完全にお金を生んでいくサクセスタイムに入る訳ですが、果たしてどうなることやら。

BTCの価格は安定はしていない。今後の動向を要チェックだ

今後の流れ

正直、マイニング及び仮想通貨の未来はなかなか読めない部分が大きい。元々今年の6月の暴落時点で「マイニングは終わった」という雰囲気が大半を占めていたわけだが、それでもマイニングは終わらなかった。

筆者は元々「マイニングは採算が取れなくてもいいや」という気楽な立場でマイニングを初めてきたが、グラボ中古価格が高騰している今撤退してしまえば、損失は出ない(むしろ何十万かは儲かる)計算ではある。

ただ、上に貼ったページに書いているようにマイニングは筆者のポートフォリオのごく一部に過ぎず、筆者的には単なる趣味&もしものときのための資産退避という位置づけなので、今後も続けていくゾッ!

まとめ

筆者は2021年3月頃からマイニングをぼちぼちと始め、220万ほどの設備投資に対して、2021年11月時点でおよそ90万円回収した。

マイニングだけで90万円くらい。
ただし9・10月の電気代含まず

正直12月のイーサリアムボムで終わると思っていたのですがこのボムも延期になり「これ楽勝じゃんwwww」と笑いが止まらない状態。
毎日寝ていても5000円くらいが懐に入ってくるのが嬉しい。月収にして15万くらいがチャリンチャリンと財布に入ってくる感じなので、これだけで食べていけますね。

ただ、これからマイニングを始めるとなると、グラボの価格高騰が痛い。また当サイトで紹介してきたRX5700・RX6800といった「安いけど高パフォーマンス」というグラボも市場のものは全て刈り取られた状態で入手が難しく、マイニング向きのグラボが市場にほとんどなくなってしまったのも痛い。

投資した原資を回収するまでにかかる時間が長くなると、その間にマイニングで収益を上げることが難しい状態になりかねないのだ。

以上のことから、今から始めるなら「最高のパソコンを安くできる」という考えの方が良いと思う。メインで使用しているパソコンを最高の性能のものに交換し、そのパソコンの作業の合間にマイニングをさせることで「原資は回収できないけど、最高のパソコンがマイニング収益で事実上お安く購入できるのはいいよね」って感じだ。

本来なら安価なグラボをオススメしたいところだが、市場の状況を鑑みると3090BTOやゲーミングノートパソコンをオススメせざるを得ない。

へたれ
へたれ

4月ころまでに安価にグラボを入手できた人はバリバリ儲かっているのね・・・

ラビ
ラビ

どんな投資でも先行組が儲かるのものなんだよね

マイニング定番パーツ類紹介

スポンサーリンク
クソ雑魚へたれちゃんのFPS上達法・配信・マイニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました