スポンサーリンク
マイニング・ビットコイン マイニング管理(ソフト系) マイニング管理(ハード系)

GTX1660SuperのvBIOS書き換えで37MH/sを出す

マイニング・ビットコイン
スポンサーリンク
へたれ
へたれ

GTX1660sのハッシュレートが遅いよ~

ラビ
ラビ

vBIOS書き換えも有りかも

GTX1660superは遅い・・・

安いけどハッシュレートが低いGTX1660super

GTX1660Sは汎用的に使える優秀なグラボだ。最新のゲームをプレイするにはスペックが少々不足しているが、それでも遊べないことはないし、配信時のエンコードにも十分使える。

実売価格が4万円~5万円と、昨今のグラボ価格向上の中でも比較的手に入れやすいリーズナブルな価格帯が、カジュアルなゲーマーにバカウケである。

マイニング性能に関しては以下のように29~31MH程で、決して高いとは言えないものの、消費電力を抑えつつそこそこのパフォーマンスを発揮するので、GTX1660sを大量に集めてマイニングするマイナーもいるらしい。

デフォルトでは31MH出れば良い方
nicehash QuickMinerのエコ設定がオススメ。

今回、「なにやらGTX1660sのハッシュレートを20%程向上させる技があるらしい」と知人から情報を入手したため、トライしてみるぞっ。

警告!お約束事項

危険!DANGER!ヽ(`Д´#)ノ

今回のテクニックはグラフィックボードのBIOSであるvBIOSの書き換えを伴います。書き換えに失敗するとグラフィックボードが全く使えなくなり、復旧が不可能になる恐れもある危険な作業です。

自己責任にてトライしてみてください。
オラッ!てめーのサイトの記事見て試したらグラボ爆発したぞ!どうなってんだ責任取れッ!とか言われても(´・ω・`)しらんがな

今回の裏技はvBIOSを書き換える必要がある。正直、vBIOSの書き換えはかなりのリスクを伴う。失敗するとグラボが全く使えなくなるため、予備のグラボを持っている人でない限りは行わないほうがいい。

仮に予備のグラボを持っていても、VBIOS書き換えに失敗したグラボを復旧するのは相当骨が折れる。よほどのツワモノ以外は手を出さないほうが懸命だ。ってかやらん方がええと思う。

また、GTX1660sはGTX1660sでも、今回のテクニックが使えるものと使えないものとがある
メモリーの種類による、とだけ言っておきます。使えないものに無理やりvbios入れると、多分グラボが死にます。

デフォルトのVBIOSの保存

保存方法はこのあたりを参考

まずはなにはともあれ、初期状態のVBIOSを保存しておこう。もしも書き換えに失敗した場合でも、デフォルトのVBIOSがあれば復旧できる可能性は残されている。

この保存したVBIOSは必ずいくつかの場所に保存しておこう。もしも失ったら大変なことになるゾ。

窓の杜
「GPU-Z」ビデオカードの情報を取得できるツール
VBIOSの保存にはGPU-Zを使用する
→マークを押し、save to fileをクリック
画面がちらつくことがあるよ~って警告
はいをおそう
パソコンに保存しておこう。
保存が完了だ

BIOS書き換え前の状況

HiveOS

HiveOSでの状況。ハッシュレートは31MH程。デフォルトのVBIOSでこの数値は、実は結構優秀な値。

Windows NicehashMiner

Nicehash Minerでの値。

初期状態ではどちらも設定限界で31MHくらい。

vBIOSライター NVFLASH64によるVBIOS書き換え

NVFLASHのダウンロード

書き込みはこのあたりを参考

まずはなにはともあれNVFLASHのダウンロードだ

NVIDIA NVFlash (5.715.0) Download
NVIDIA NVFlash is used to flash the graphics card BIOS on Ampere, Turing, Pascal and all older NVIDIA cards. NVFlash supports BIOS flashing on NVID
公式ページへいきダウンロードだ
ダウンロードした圧縮ファイルを解凍する
解凍してきたnvflash64.exeを任意のフォルダーへ移動。
筆者は
任意のフォルダー上に、今回書き換えるVBIOSをコピー。

筆者はd:\vbiosフォルダーに、nvflash64.exeと書き換えるVBIOSを用意した。
書き換えるVBIOSについては自分で探してみよう! このサイトをよく読めばヒントは随所にあるぞ。

とりあえず、この状態で、書き換えにチャレンジしてみよう。

NVFLASHによるVBIOS書き換え

まずはコマンドプロンプトを実行。

コマンドプロンプトを実行したら、
cd \と入力しc:へと移動
d: と入力してd:へ移動
cd vbiosと入力してd:\vbiosフォルダーへ移動した。
その後、nvflash64.exe -6 書き換えるvbios.romと入力すれば、書き換えが開始される。

pciサブシステムIDを上書きする予定です
続行してもよろしいですか?
なんかバージョン違うけど、書き換えちゃっていいの?本当に?と聞いてくるのでyを押す。
多分対応してないグラボだとこの時点でグラボ死亡。復旧が超困難な最悪の事態になります。
書き換えが開始されると、下のインジゲーターが増えていく。
100%になれば完了。

書き換え後確認

GPU-Zを確認し、BIOS Versionが書き換わっていればOKだ!安心安心!
ちなみに筆者は一度書き換えに失敗しグラボが文鎮になりかけましたw
久しぶりに冷や汗ものでしたわ・・・・。

書き換えが終わったようだ。

書き換え後のハッシュレート

HiveOS

36MH/s!!!
1660sでこれだけのハッシュレートが出るようになるのは驚きですね

Nicehash Miner 2021/08/20

34MH/sくらい。結構伸びたけど、消費電力が・・・。
After Burner設定
色々やったけどHiveOS程ハッシュレートは向上せず。
なにか方法はあるのかねぇ・・・?

Nicehash Miner 2021/08/30

一日色々と設定をいじった結果。

37MH達成しました!これはもしや神グラボ・・・!?

まさかの37MH/S!
メモリーはマックス
電圧は低電圧化

まとめ

筆者は今回VBIOS書き換えによりGTX1660Sを37MHまで出る改造に成功した。

設定はかなり難航し、都度クライアントが落ちる症状に襲われた。が、上のように頑張ればMAXで37MH/95wという驚異的なパフォーマンスを誇るグラボに変貌したっ!

利点

・ハッシュレートが29~31→37MHまで向上できる(かもしれない)

欠点

消費電力量が大きくなる(ワッパが悪くなる)
・素人ではそもそも対応バージョンのvbios romをどこで探せばいいのってのがわからん。間違ったromを入れたらボーン★

上記のことから、「VBIOSを書き換えられ細かい調整ができる熟練の猛者マイナーは活用できるかもしれない」という結論になりました。

へたれ
へたれ

ハッシュレートをモリモリにできるのはいいけど、消費電力が高くなるのがな~

ラビ
ラビ

しかし37MH/95wを達成できるならアリかと

マイナちゃん
マイナちゃん

ただし37MH付近までハッシュレートを上げると不安定になってマイナーが落ちるから、安定する設定を見つけ出してね

マイニング定番パーツ類紹介

スポンサーリンク
クソ雑魚へたれちゃんのFPS上達法・配信・マイニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました