スポンサーリンク
設定

3DMarkでグラボのベンチマークをしてみる

設定
スポンサーリンク
へたれ
へたれ

グラボの性能知りたいよ~

ラビ
ラビ

定番の3DMarkだな

ベンチマーク

筆者は無駄にグラボをたくさん所有している。ゲームではもっぱらRTX3090を使用しているが、RTX3080・3070・3060、GTX660・GTX1660s・RX6800・RX5700・RX5700XTも所有していて「あれ、これってベンチマークサイト作れるんじゃね?w」みたいなノリになってきた。

なので今回は3DMarkを使用してのベンチマークにトライした。

3DMarkデモ版のダウンロード&インストール

とりあえず今回は無料のデモ版をダウンロードしてみよう。

UL Benchmarks
We create the world's most widely used benchmarks and performance tests including 3DMark, PCMark, Servermark, and VRMark. Get started now with our free download...

3DMarkのダウンロードは公式から

筆者の環境はWINDOWS10なので3DMARKの「WINDOWS」をクリック
WINDOWS EDITIONSをクリック
スチーム版は3000円ほどだが、デモ版は無料だ
スチームに飛んだ。分かりづらいが右下に「デモをダウンロード」のボタンがあるのでクリック。
筆者は既にスチームがインストールされていたから「はい、Steamはインストールされています」を選択した。
スチームがインストールされていないならば、インストールしてしまおう。
次へ、を押す
インストールが進行していく。
右下のポップアップにダウンロード完了の情報がでた
「デモをプレイ」をクリックして3DMARKを起動しよう。

3DMARKの使用

インストール後はタスクバーのスチームアイコン右クリックより「3DMark Demo」をクリックで起動できる。
起動ロゴ後
RUNを押せばベンチマーク測定開始だ。
ベンチマーク中は3Dの映像が流れる

ベンチマーク結果

筆者環境ではRTX3090・RX6800を搭載している。この2つのGPUの比較結果となるので参考にしてみてほしい。

まとめ

いかがだっただろうか。

個人利用でベンチマークを使用・・・という機会があまりなかったので今までベンチマークをしたことがなかったが、グラボが有り余るほどあるので今後は機会を見つけてベンチマークを試していきたい。

マイナちゃん
マイナちゃん

ベンチマークにはGPU専用、パソコンの総合的な性能用など様々あるわ。

用途によってソフトを使い分けるのよ

スポンサーリンク
へたれちゃんのFPS上達・配信・マイニング・カメラ講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました