スポンサーリンク
Facerig 配信・vtuber・動画編集

facerigの軽量化

Facerig
スポンサーリンク
へたれちゃん
へたれちゃん

facerigって結構重いよね

ラビ
ラビ

グラボ結構つかうんよ

なにげに重いfacerig

個人vtuberにとってfacerigはなくてはならない存在です。Live2Dでモデリングして自分のキャラクターが動いたときの感動は、なんともいえないものですよね。

自分の子供のような愛着のあるアバターを最高画質で動かしたい・・・それは誰しもが思うところ。ですが、残念なことにfacerigは結構なマシンスペックを要求されるソフトです。

なのでアバターの表示についてはあなたのマシンスペックと相談して、妥協点を見出す必要があります。タスクマネージャーでfacerigでかかるCPU・GPU負荷を確認しながら、赤枠で囲んだ部分のドロップダウンメニューの選択肢を変更して妥協点を見出していきましょう。

OBSとの相性の問題

環境によるかもしれませんが、facerigとOBSはかなり相性が悪いです。
素のままで使用するとfacerigを起動するとOBSでの配信がガクガクになります。筆者はRTX3090という2021年8月時点で最高峰のグラボを使用していますが、それでも素のままだとOBSのFPSが低下します。

なので、管理者として実行の設定をしてみてください。

OBSアイコンを右クリックしプロパティ
互換性タブ>管理者としてこのプログラムを実行をチェックしてOK

これでグラボのスペックが足りている場合は、FPSの低下が減ると思います。

グラフィックスの設定

変更前

facerigー一般オプションーグラフィックの
・解像度
・シャドーマップ解像度
・2Dアバターの描写クオリティ

facerigー一般オプションー パフォーマンス
・fps

試しに上記のスペックでタスクマネージャーでかかっている負担を見てみましょう。

CPU負担8%、GPU負担22%程です。流石にこのままだとGPU負担が高すぎて、ゲームのプレイに支障がでてしまいます。

変更後

・解像度を1280*720、シャドーマップを普通、2Dアバターをミディアム、fpsを15に変更してみました。

CPUが6%、GPUが4%まで減りました。GPU使用率の低減が著しいですね。

おわりに

このように各種のステータスを低めにすることで、主にGPUにかかる負担を減らせるということでした。

筆者のようにゲーム画面の下の方にちょこんとVTUBERアバターを表示させる程度ならば、それほど解像度は大きくなくても問題ありませんし、fpsもそこそこで十分だと思いました。

キャラクターを全画面に表示させるという用途でなければ、↑の設定程度で問題ないと思います。

スポンサーリンク
クソ雑魚へたれちゃんのFPS上達法・配信・マイニング講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました